赤外線調査撮影


京都空撮では産業用赤外線撮影対応ドローンを導入しております。

産業用赤外線ドローンは可視光を捉える4Kセンサーと、サーマル画像データを捉えるFLIR Leptonサーモグラフィーマイクロカメラを搭載しリアルタイムで統合出来るため鮮明な映像で確認が可能です。

可視光カメラでは映像を捉えることが困難な煙の中や、夜間といった複雑な環境下においても、赤外線カメラによる正確かつ安全な温度測定などデータ収集が可能です。

当社ではデュアルモニターを採用しておりますので、送信機映像をリアルタイムでサブモニターに出力し現地にて迅速に確認が出来ます。

スポット、エリア特定の1点や特定範囲の熱調査も可能。

赤外線撮影事例

■建物外観検査

赤外線カメラで飛行しながら建物外観を撮影。劣化した外壁コンクリート箇所を迅速に発見。

住宅・ビル・マンションなどの雨漏り箇所や浸水経路の特定や塗装外壁浮き剥がれ・ひび割れ・クラック・断熱不良を診断可能です。

従来の場合、足場やゴンドラ設置費用・足場設置撤去工期・調査時間などが必要ですが、赤外線ドローンによる非接触調査では不要な為大幅コスト削減・短期間・少人数で測定が可能です。

■太陽光パネル点検

赤外線カメラにより、ソーラーパネルのホットスポット(破損部や異常発熱)をすばやく発見でき迅速な点検修理が可能。

■施設検査

大型冷蔵倉庫の冷気漏れやプラント、発電所の上空を赤外線カメラで警備・調査

■遭難救助

赤外線カメラとズームカメラの組み合わせにより、遭難者を迅速に発見、人命救助が可能

■火災現場

赤外線カメラで上空から撮影することにより火災元を迅速に発見。

ズームカメラで避難対象者をすばやく調査・発見救助。

■犯罪捜査

夜間でも撮影可能な赤外線カメラにより、夜間の不審者発見や不審車のナンバープレートの確認が可能。


料金

赤外線ドローン撮影の料金・詳細は050-7125-7600までお問合せ下さい。

ご希望撮影内容に合わせたプランを出来る限り低価格にて提供させていただきます。

どんな事でもドローンの事ならまずお電話下さい。